HOME

ABOUT

ARCHIVES

CONTACT

ldf_2014

MEETS — THE LONDON DESIGN FESTIVAL 2014

どーも@PNRAです!

先週から開催していた、『THE LONDON DESIGN FESTIVAL 2014(以下、LDF)』が明日で閉幕しちゃいます。

ldf_2014

2003年の初開催以来、世界のデザインイベントの中でもとりわけ重要度が高いとされるLDF。今年2014年度の開催も注目度の高い内容となっており、250以上のパートナー企業と共に300以上のイベントが約一週間の間にロンドンの街全体を巻き込んで繰り広げられています。

ちょっとだけ写真をピックアップしてみました。

LDF01
LDF02
LDF03
LDF04
LDF05
LDF06
LDF07
LDF08
LDF09
LDF10
LDF13
LDF12
LDF11

さすがLDFと言わんばかりの素晴らしいデザインの数々。。
感嘆の息がついつい漏れてしまいます。

LDFは、プロダクトや空間デザインを中心としたデザインイベントです。ピックアップのため、若干の(大いな)偏りがありますが、昨今のトレンドはやはり極限まで無駄をなくしたミニマリズムの追求と、人間的な非統制性の2極に分かれているように思われます。(特に前者が強いですね。)
色彩もビビットな原色よりか淡いペールトーンに軍配があがっているよう。

弊社はホームページ作成を主体とした事業のため、直接的な関係はありません。しかし、デザインの本質を掴む上では非常に密接な関係下にあります。ホームページ作成はデザイン領域の中でもビジュアルコミュニケーションデザインというカテゴリーに属していると思いますが、これは広告・グラフィックデザインと同領域。今回は更にその枠を広げてコミュニケーションデザインという認識下でデザインという概念を見ていけば、このイベントとも実は深い関係があります。そう、ありとあらゆるデザインという概念は、モノやコトを分解し、関係する対象(ヒト・モノ・コト)への関係性を再定義することにあるからです。そのため、世界の先端のデザインを見ることでデザインにおける定義のトレンドを探り、相対位置を察する。そこから汲み取った距離感・方向性をホームページを通したユーザーとの関係へと再解釈する。そのための有効なヒントがたくさんつまっているというわけです。

簡単な話、デザイン性の高い対象を見るとインスピレーションが湧きやすいということです(笑)
ホームページ以外にも、パンフレットやポスターを作る際に、会場内のあちこちにあるものものが参考になるので。

っと、秋はデザイン関係のイベントが目白押しなので、要チェックです。
来月にはTOKYO DESIGNERS WEEK(2014.10.25~2014.11.03)もありますし、楽しみです♡

Siyabonga ekufundeni kwakho.(訳:最後まで読んでくれてありがとう。 / 注:ズールー語)