HOME

ABOUT

ARCHIVES

CONTACT

HL02

UNIQLO×Helmut Langが可愛いいいいいいいいいいい[速報:購入レポート]

ユニクロが、スウェットの本格展開を開始し始めた。そこまでは全く興味がなかったのだが、参画してきたデザイナーに手が止まる。
『Alexandre Plokhov(アレクサンダー・プロコフ)を起用。』
えっと…ラングの…デザイナー…だよね?
そう、Alexandre Plokhov(アレクサンダー・プロコフ)といえば、直線的でエッジの聞いたカッティングが特徴のミニマリズムの代名詞とも取れるファッションブランド・HELMUT LANG(ヘルムート・ラング)のデザイナーだ。そんなプロコフを起用した新ライン「URBAN SWEATS(アーバン スウェット)」などを発表され、そのデザインが完全にユニクロのそれを超越している。

UNIQLO×Helmut Lang

HL16
HL15
HL12
HL11
HL10
HL09
HL08
HL07

HL01
HL02
HL03
HL04

HL14
HL13

HL05
HL06

普通に可愛いじゃないか。

仕事着として、制服に指定してやろうかとちょっと画策している昨今でございます。(笑)

価格も1,990円から6,000円前後までと格安!9月22日(月曜日)から販売開始かぁ

(2014.09.20:画像を追加しました。)

本日9月22日(月)に発売された「URBAN SWEATS」、仕事の休憩時間に様子を見に行ってきました。
以下、正直な感想を述べていきたいと思います。

結論からいうと、「それほどいいものではない」です。
メンズ・レディースともに覗いてきて、各商品を手に取り、生地を見・触れてみましたが、「やっぱりユニクロだなぁ」というのが正直な感想。リブの取り方とかもう少し工夫してほしかったなぁと思います。シルエットは写真通りですが、写真では分からなかった背面や側面・内生地を眺めていて期待通りとはいきませんでした。もちろん値段とデザイン性を考えた上ではコスパはいいと思いますが、どこか実物はどこか安っぽさを感じざるを得ないというのが本音です。とはいえ、やっぱり安いので一着だけ購入しましたが(笑)
セットアップで寝間着用とかだといいかもしれませんが、アウターは正直おすすめできないです。(あくまでも個人の主観によるものです。)

(2014.09.22:追記)

Siyabonga ekufundeni kwakho.(訳:最後まで読んでくれてありがとう。 / 注:ズールー語)